出産後のカラダの変化について

マタニティーブルーと上手に付きあうには

出産後に、わけもなく泣いてしまうといったマタニティーブルーを経験することは多いものです。
特に一人目の出産のあとは全部が初めてのことだけに不安にかられてしまいます。

 

どうしても、マタニティーブルーのような精神的なの問題は心が弱い人がなってしまうというイメージがありますが、そうではありません。出産により誰にでも引き起こされるものなのです。

 

マタニティーブルーの原因

出産後に母親がマタニティーブルーの状態になってしまうのは、出産による女性ホルモンの急激な減少が原因です。

 

女性ホルモンには心の働きを安定させる作用があります。ところが、この女性ホルモンが出産により今まで経験したことがないほど急激に減少してしまうのです。

 

決して心が弱いからなるというものではありません。
出産によるカラダの変化で引き起こされるものなのです。

 

マタニティーブルーとうまくつきあうには

出産による女性ホルモンの減少が原因ということは、これを避けることはできません。
程度の違いこそあれ、誰にでも起きるものだとして上手くつきあうことが大切です。

 

マタニティーブルーは育児で孤独や不安を感じることで、症状がより強くなってしまいます。赤ちゃんと二人っきりという状況だけでなく、社会や地域とのかかわりを持つことが役立ちます。

 

また、泣くことで気分が発散できることもあります。泣くことは悪いことではありません。変に我慢せず、ときには思いっきり泣いてみることもマタニティーブルーとつきあうにはいい方法です。

 

産後育毛剤「アンジュレ」

  • 産後の育毛促進にこだわった有効成分
  • 赤ちゃんのことを考えた無添加商品
  • 安心の90日間返金保証つき

関連ページ

(1)だるさ
出産後には、ちょっとしたことでも疲れが抜けにくかったり、だるさを感じるようになるものです。そこで、体験談などをもとにだるさを感じたときにどうしているのかについて調べてみました。
(2)尿漏れ
出産後に尿漏れを感じるようになる人がある程度の割合でいるようです。「最初は気のせいだと思っていたが…」「くしゃみなどをすると尿漏れするようになった」といった体験談がいくつかありました。そこで出産と尿漏れの関係について調べてみました。
(3)頻尿
出産後にトイレに行く回数が増えたという頻尿の悩みを持つようになることがあります。体験談でも、一日に何回もトイレに行くようになったしまった。という悩みを何回か見かけました。ただ、意外と周りに相談できる人がいなくて困っているようです。そこで、今回は出産と頻尿の関係について調べてみました。
どのくらいで産後の体調は戻るのか
赤ちゃんが生まれればすぐに体調が戻ると思っている人もいるかもしれませんがそんなことはありません。確かに出産によって、お腹はへこみますが、体調がすぐに妊娠前のように戻りません。体調がもとに戻るには誰でもある程度の期間が必要です。