産後の抜け毛について知っておきたいこと

女性ホルモンの変化が産後の抜け毛の原因に

産後の抜け毛の原因として最も考えられるのは「女性ホルモンの変化」です。

 

妊娠中から出産まで女性のカラダは大きく変化します。見た目でお腹が大きくなるだけではなく、カラダの中でもその変化は起きています。

 

その変化が女性ホルモンにも影響し、出産後に髪の毛が抜けるようになっています。

 

女性ホルモンの変化とは

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があります。どちらも女性らしい体を作る働きをするもので、バストアップの話などでも取り上げられるものです。

 

この2種類の女性ホルモンのバランスが出産前後で変化します。

 

妊娠中は「プロゲステロン」のほうが優位に働いています。
これはプロゲステロンに妊娠を継続する働きがあるためです。

 

逆に出産後は妊娠を継続する必要がなくなるので、エストロゲンのほうが優位に働き出します。
この女性ホルモンのバランスの変化が髪に影響を及ぼし、抜け毛の原因となってしまいます。

 

誰にでも起きるが抜け毛の量は人により異なる

ホルモンの働きをコントロールすることはできないので、この変化は出産後の女性なら誰でも起きています。ただし、抜け毛の量がどのぐらいになるかには個人差があります。

 

個人差はもともとの体質的なものや年齢によっても生じてしまいます。また、一人目の出産か二人目以降かによっても影響を受けます。

 

いずれにしても、女性ホルモンの変化という生理現象が原因のひとつです。


産後育毛剤「アンジュレ」

  • 産後の育毛促進にこだわった有効成分
  • 赤ちゃんのことを考えた無添加商品
  • 安心の90日間返金保証つき